むくみは病気のサイン!?原因と解消方法を知る

わたしたちのカラダの60%は水分でできています
そのため、普段の生活習慣や体調によって、顔やカラダにむくみがでる場合があります。

ほとんどの場合、むくんでいても正常であることが多いですが、皮膚を押すと指の跡がつくほどむくんでいる場合、病気の可能性が強く疑われます。

とくに「腎臓」や「心臓」、「肝臓」など、カラダの老廃物を排出するうえで重大な役割をしている臓器の病気です。

むくみは病気のサイン!?むくみの状態について

むくんでいる状態
通常、カラダの水分量は一定に保たれています。
しかし、水分を排出する力と吸収する力のバランスが崩れると、細胞間隔の水分量が増加します。

これが「むくみ」といわれる状態です。

正常な場合、カラダの水分量60%のうち、3/2が細胞内にあり3/1は細胞外にあります

体内の水分量データ

このうち、

「朝のむくみが取れてきた」
「一晩寝たらむくみがなくなっていた」
「くつ下の跡がつく程度」

であれば、問題ないことがほとんどです。

しかし、「慢性的に脚がむくんでいる」「むくみ出してから疲れがなかなかとれない」という状態が続いているのであれば、病気の可能性が大です。

自己判断せず、気づいたら早めの段階でかかりつけの病院で診断をうけましょう

むくみが疑われる病気について

むくみの原因として疑われる病気は以下の通り。

【病名】 【症状】
心不全 心臓のポンプ機能がうまく働かず、カラダの血流が滞ってしまう。
腎不全 老廃物がカラダに溜まり、毒素が外へ排出されにくい。
下肢静脈瘤 ふくろはぎの血管が膨らみ、ヒドくなると表面にボコボコしてみえる。
深部静脈血栓症 主に足の血液が固まりやすくなり、血栓ができやすくなる。
子宮筋腫 腫瘍により血管が圧迫され、むくみやすくなる
肝硬変 肝細胞が壊れ、最終的に肝臓が硬く小さくなる
リンパ浮種 手術でリンパ節を取り除いたり、放射線治療によってリンパの流れが悪くなる

どれも、血流のながれが悪くなることで「むくみ」が発生しやすくなる病気です。

むくみの原因は生活習慣!運動と食生活を改善しましょう

むくみだけでなく、さまざまな病気の原因につながっているのが「生活習慣」

一時的なむくみを改善するだけでなく、病気の予防のために以下の3つのポイントを抑えましょう。

・適度な運動をこころがける
筋肉がなければ血流を回すポンプの役割が弱まり、むくみやすくなります。
適度な運動をこころがけるだけで、筋肉量を増やし、血流もよくなるため、むくみ改善と予防の両方に効果があります。

・塩分を摂りすぎない食生活を心がける
塩分をとりすぎると、ノドが渇くため、多くの水分をカラダへとりこんでしまいます。
そのため、むくみやすい体質に。とくに外食やコンビニ食が多い方は、塩分を多くカラダにとりこんでいる傾向に。バランスのとれた食生活を心がけていきましょう。

・アルコールを飲みすぎない
アルコールを飲むと、血管が拡張し静脈やリンパに入っている水分を排出するバランスが崩れます。そのため、余分な水分がカラダに残りやすく「次の日に顔がパンパン」という状態が起こりやすいのです。また腎臓や肝臓などにも大きな負担がかかり重大な病気の原因になりやすいため、過度な飲酒は控えましょう。